工場紹介

  1.化粧紙 貼加工工程

プレス機:山本鉄工製210t 5段プレス
接着剤は環境に優しい低ホルマリン型接着剤を使用しています。
生産能力:2,000枚/1日

  2.エンボスポリ加工ライン 3号機
  (自社製ライン)

縦型の半自動強制乾燥ラインに接続しており、製品の残存スチレン量を極力抑えた設計になっています。
生産能力:500枚/1日

↑ページトップへ

  3.エンボスポリ加工ライン 2号機
  (自社製ライン)

縦型の半自動強制乾燥ラインに接続しており、製品の残存スチレン量を極力抑えた設計になっています。
このラインでは、主に厚物(27m/m厚みまで)の生産を行っています。
生産能力:500枚/1日

↑ページトップへ

  4.ロールコーター塗装機  (自社製)

主に、着色塗装や仕上げ塗装、 又、密着性を向上させる為のプライマー処理等を行う工程です。

↑ページトップへ

  5.ワイピング塗装機  (自社製)

木目エンボスポリ化粧板に、導管着色 (ワイピング)を施す塗装機です。

↑ページトップへ

  6.フローコーター塗装機  (自社製)

ポリエステル樹脂やウレタン樹脂を厚塗りする塗装機です。
主に、高級家具・仏壇等の塗装下地となるFCサンダーストップ製品をここで塗工します。
生産能力:1,000枚/1日

↑ページトップへ

  7.ワイドベルトサンダー・乾式・粗研磨用
  (自社製)

フローコーターにて厚塗りされた化粧板の塗面を平滑に研磨する工程です。

↑ページトップへ

  8.ワイドベルトサンダー
  乾式・仕上げ研磨用  (自社製)

粗研磨用ワイドベルトサンダーで平滑性を出した後、当研磨機で、より細かい仕上げ研磨を行います。
この工程を経て、最終仕上げの水研磨工程へ製品は進みます。

  9.ワイドベルトサンダー2連湿式
  最終研磨用  (自社製水研磨機)

水研磨なので、#1000仕上げ以上のきめ細かい最終仕上げが可能で、ユーザー様での後塗装が容易になります。

↑ページトップへ

  10.バフ研磨機  (自社製)

ワイドベルトサンダーにて付着した研磨粉をバフ研磨により除じんすると共に、投光機により、斜光線を当てて、製品の検査を行います。

↑ページトップへ

  11.機械の設計・組み立て

弊社の加工機械のほとんどは、自社製です。
自社で設計し、パーツを発注し、左の機械加工室にて組み立てられます。
現在、特殊用途のリバースロールコーターが、完成間近となっております。

↑ページトップへ

  12.研究室

新商品の開発はもとより、弊社主力商品であるネオラエンボスポリのFRPの型の母型を作成します。
凹凸のあるものであれば、何でも立体的に複製してしまいます。
(木目・石目・砂目・指紋etc.........)

↑ページトップへ
トップへ戻る
株式会社 徳正合板
〒990-2251
山形市立谷川二丁目895-7
TEL 023-686-5550
FAX 023-686-5987

tokumasa@jan.ne.jp
Copyright © tokumasa. 2014.