抗菌試験

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 2011年10月21日(試験体:(シナ)抗菌塗装パネル)

♦試験方法♦

JIS Z 2801:2010「抗菌加工製品-抗菌性試験方法・抗菌効果」

♦試験結果♦

接種24時間後の生菌数

試験菌 ブランク
(無加工品)
(シナ)抗菌塗装パネル
黄色
ぶどう球菌
1.3×105 <0.63検出せず
大腸
1.0×106 <0.63検出せず

抗菌塗装パネルの生菌数は、無加工品と比べると
黄色ブドウ球菌で 1/130,000以下
大腸菌で 1/1,000,000以下
となりました。

701p003.gif(81698 byte)

物性試験

2011年10月24日発行
山形県工業技術センター試験成績書より(試験体:(シナ)抗菌塗装パネル)

試験項目 特殊加工化粧合板FWタイプの基準 結果
2類浸せき
はく離試験
試験片の同一接着層におけるはく離しない部分の長さがそれぞれの側面において50mm以上であること。 接着層のはく離無し。
寒熱繰返しB試験 試験片の表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつやの変化を生じないこと。 表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつやの変化無し。
耐水B試験 試験片の表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつやの変化を生じないこと。 表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつやの変化無し。
汚染B試験 試験片の表面に色が残らないこと。 色の残り無し。
摩耗B試験 摩耗値が50以上であり、かつ、摩耗量が0.1g以下であること。 摩耗値:59
摩耗量:0.052[g]
平面引張り試験 同一試料合板から採取した試験片の接着力の平均値が0.4[N /mm2]以上であること。 1.4[N /mm2]
1.4[N /mm2]
1.5[N /mm2]
1.5[N /mm2]

〈標準規格〉

3mm×3×6 (915×1825mm) 4mm×3×6 (915×1825mm)
5.5mm×3×6 (915×1825mm) 4mm×3×7 (915×2130mm)
4mm×4×8 (1220×2430mm)

※9mm、12mm厚み 特注対応可能です。
※すべて受注生産となります。(最少受注 lot/20枚以上)
※ブリーチ(漂白)により色の均一化をはかっておりますが、天然素材の為、同一ロット内でも、色の差が生じる場合があります。

製造元 株式会社 徳正合板